読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【壱岐で夢実現】逗子〜東京の二拠点生活がケミストリーを起こす

東逗子のシェアハウス910(ここのつ島)の住人女子3人が壱岐でユニット活動開始。 活動第一弾は、壱岐のゲストハウス「みなとや」さんの1周年記念パーティ。 夢の実現に向かう人同士が共鳴する力は他の夢実現をも引寄せる。

40代後半主婦が2年間のシェアハウス生活でたどり着いた新しい生活とは

江ノ島、腰越のシェアハウスで2年暮らしてたどり着いた先について。個人も家族も新しいフェーズへ突入の逗子ライフ始まり。

浪人生・受験生を持つ親御さんへ。この時期にこそ始めたいこと。

今年も残りわずか一ヶ月を切った今ですが、受験生もその親御さんも気持ちを平静に保つべき大事な時期。 そんな時期だからこそ、親御さんは自分の好きな事を始めたら良いのではないかと思います。

【糸島〜壱岐SUPツアー】SUPで巡る秘境がスゴすぎる・壱岐島編

糸島〜壱岐をSUPで巡ろうと始まった視察ツアー。 前編の糸島に続いて後編は壱岐島編。 前編の糸島紹介記事はコチラから↓ ↓ さて。 糸島での滞在を終え、唐津港からフェリーに乗って壱岐島へ向かった2日目。 到着したのは雨上がりの印通寺港。 空と雲の感じが…

【糸島〜壱岐SUPツアー】ボードの上から夕陽を背に浴びる幸せ・糸島編

先日、秋の糸島〜壱岐島に仲間5人で行って参りました。 目的は、糸島と壱岐島という2拠点を観光・グルメで楽しみつつ、今注目のマリンスポーツであるSUP(スタンドアップパドル)を使ってできる最高の遊び方と場所の開拓。 糸島と言えば、知っている人にはご…

モヤモヤしている園ママたちへ。かつての園ママがPTAバザー委員で実現したかった事

かつて園ママだった私が選んだPTAバザー委員。楽しんで活動しましたが、その中で本当に成し遂げたかった事は何なのか、モヤモヤしていた当時の私がバザーを通じて感じた事について。

テラハからのあいのりワゴン九州神社巡りの旅〜幣立神宮・阿蘇編

シルバーウィーク。シェアハウス仲間と九州へ神社巡りワゴン旅@阿蘇編

シェアハウス仲間とワゴンあいのりで九州神社巡りの旅〜高千穂編

シルバーウィークに、九州〜高千穂〜阿蘇〜の神社をいろいろ巡ってきました。 お仲間は、私が入居しているシェアハウスのオーナーAさんを始めとするシェアハウスのお仲間関連の面々。 少し補足しておきますと、オーナーのAさんは非常にマメにイベントを企画…

親の自立・子の自立。〜受験を通じて考える〜

先週アップした私の受験ネタ。息子との会話で感じた「親の自立と子どもの自立」について。

【備忘録】国家資格受験記念。アラフィフ30年ぶりの受験体験。

アラフィフにして、国家資格の試験を受けたのですが、試験当日までから始まり、試験中、そして試験後の感情や思いなど。。。

Vision Quest開催報告【自分に必要なご縁を引き寄せるために】

Vision Questという主に女性対象の勉強会を主催しています。 今回は、『人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣』(サンマーク出版)を上梓された、はぴきゃりアカデミー代表の金澤悦子さんと一緒に、本を読んでなくても参加できる「読書会的なご飯会」…

与える事が出来る人は素敵だ。そして赤ちゃんは神さまだ。

周りにいるステキな人を見て感じた事。

東京と地域の二拠点生活。始める所から始まるを楽しむ人生。

10年に渡って、自宅と仕事を東京に持ちながら、週末は南房総の民家で暮らすという二地域居住を続けているという方の記事を読んで感じた事について。

子どもは一番身近に存在する自然。母親へ投げる娘の言葉から学ぶ事。

森・海・山という大自然と、都会を行き来して過ごした日々。それについて感じた事を娘にふとつぶやいて戻って来た言葉から感じた娘の成長や、その昔、息子が自分に言った言葉を振り返って感じる子どもの視点の鋭さについて。

女性がキャリアを繋ぎ続ける時に必要なわらしべ長者力

先日、20代の女性を対象に「結婚・育児はキャリアの断絶にはならない」をテーマに「バリキャリ・チャレンジャー」マインドの持ち主が妊娠を機に退職し、社会復帰後に追求したワークライフバランスについて話をさせて頂きました。その中でも、特に参加者の方…

屋久島旅5日間。暮らすように滞在して見えた景色。

ちょっと早い夏休み。4泊5日で世界遺産の島、屋久島に行ってきました。 オットとオットの友人2人、合計4人での旅。 今回は、屋久島にご縁が深いFさんの話から始まった屋久島旅ということで、Fさんに島案内をして頂け、何もかもがスムーズで大変ありがたい。 …

鎌倉長谷で海を見ながらタイ料理ならクリヤム(kuriyum)

地元でも美味しいと知られている鎌倉・長谷のエスニック、クリヤム(kuriyum)。 初夏の午後、ジャスミンライスの香りが漂うお店でカオマンガイを食べてみました。

常識知らずで恥かく前に読んでおく本『日本のしきたり便利帳』

先日、日本が世界に誇れる和食の味わい方についての記事を上げましたが、それに関連して是非もう一冊ご紹介したい本があります! それはズバリ、 マンガと絵でみる「日本のしきたり便利帳」 マンガと絵でみる 日本のしきたり便利帳 作者: 高田真弓,岩下宣子 …

しとしと雨が降る森で五感を一昼夜開放して得られる事。

森でのリトリート。昼から夕暮れ、暮れ行く森に入って感じた事。そして、古民家に泊まって日の出と共に森に入り明けてゆく一日の始まりを感じながら思った事。

会席を楽しみたい時に読む「辻調感動和食の味わい種明かし帖」

突然ですけど、日本って良い国ですよね。 ほんとに、しみじみ思います。 梅雨の雨続きで気持ちがスローペースになりがちな時も、雨に濡れた紫陽花の鮮やかな色が目に入れば気持ちも切り替わりますし。 自然が豊かで四季がある事、これはとにかく素晴らしい事…

夕陽のチカラ

6月27日土曜日のこと。 夕陽があんまり美しかったので、家に帰る前に海岸に立ち寄ってぼんやりした。

父の日に思う事。結局は、受け止める側の問題なんだけど。

昨日は父の日。 家族のためにいつも頑張ってくれるお父さんに感謝を伝える大事な日。 そんな日にちなみ、友人が投稿した父の日関連のフィードを読んで少し感じた事から一つ。 私の友人に、非常に優しくて子煩悩な3人のお子さんのお父さんがいまして。 3人と…

今だけ味わえる幸せを自分でどのように見つけるかと言う事。

最近、街や電車の中で見かける小さな子どもが可愛らしくて愛しくて仕方がないここのつです。 ・・・と、そんなところに、Facebookのタイムライン上に流れて来た友人のお子さんの動画。思わず見入ってしまいましたよ。 動画、何度も再生して見直してしまいま…

「決める」と「変わる」も慣れの一つ

多くの事が「慣れだよ、慣れ」ってまとめられるけれど、決断するとか変わろうとする、というのも「慣れ」の一つかもと思い始めた話。

自分の世界をほんのり広げてくれるブログ9つ

(小網代の森) 改めて思うけど、ブログは私の世界を広げてくれている。自分で書いていても、他の方のブログを読んでいても。 多くの方が「ブログを始めて良かった事」について「世界が広がった」と書いていらっしゃるけれど私もそうそう!と共感します。 そ…

祝デュアルライフ1年。主婦がデュアルライフする時のメリットデメリット

主婦が家族と子どもを置いてデュアルライフをするってどう言う事か尋ねられる事が多かったこの1年。振り返って思うメリットデメリットについて。

トキとコトの記録。手帳愛と東国三社巡りの不思議な関係。

(香取神宮) 先日、お友達と4人で東国三社巡りをしてきまして。 東国三社とは・・・ 茨城県南部と千葉県にまたがる地域に「東国三社」と呼ばれる三つの神社があります。鹿島神宮、香取神宮、息栖神社は東国三社として信仰の篤い神社であり、現在でも東国三…

我が子が赤ちゃん期に母親が身につけたらよい手放し作業とは。

先週、息子が大学生になった途端に一気に手離れしてしまい、子育ての最後って急に来る、案外あっけなく終わっていくんだと感じた、という様な事を書きました。 <a href="http://coconots9.hateblo.jp/entry/2015/04/13/113000" data-mce-href…

変化の春。息子の大学入学で家事分担を再考して出た結論とは。

先週は、各地で入学式、入園式が行われたようで、Facebook、Twitter、そしてブログのあちこちでお子さま達の晴れ姿をたくさん見かけました。 はい。 我が家の19歳の長男も、晴れて無事大学生となることができましてホッと一息でございます。 入学式には息子…

97歳吉沢久子さんが著書「ほんとうの贅沢」で説く「変われる勇気」

家事評論家でエッセイストの吉沢久子さんの著書「ほんとうの贅沢」。 97年生きてこられた方の言葉から感じることなど。

保育園?幼稚園?専業ママを選択したあなたに伝えたいこと

十分考えて選択したとしても、いつだって「これで良かったのだろうか」という気持ちが拭えないのが子育てというもの。保育園か幼稚園。専業ママとして幼稚園を選んだママへ、かつて同じ選択をした私が送るエールとアドバイス。

春分の日に思い返すべきたった一つの大事な事。

春分と言う日に、改めて「当たり前のこと」に感謝する気持ち。それこそが何ものでもない日常を素晴らしい宝物の様な時間に変えてしまう魔法だと思います。

追悼松谷みよ子さん。大人になった今こそ読みたい龍の子太郎

松谷みよ子さんが亡くなられて、改めて約40年近く持ち続けている龍の子太郎を再読。名作の名作たる由縁。

「君の後ろに道ができる」かーさんから受験を終えた息子へ。

浪人生活を経て大学へ進む息子へ。 今、母さんが思う事、伝えたい事。

断捨離が続かない私が下した一つの結論

シンプルライフを目指すべく断捨離をしたものの、結局行き詰まる。そこで発想を転換した後に感じた心境について。

「好き」と「得意」は神様があなたにくれた贈り物

アラサー女子特有の悩みの一つ、自分がやっていることに自信が持てず他のみんながキラキラ見える焦り。そこを乗り越えるために大事な事とは。

【祝・読者登録100名記念】ブログを始めて感じる生活の5大変化

祝・読者登録100名突破記念。ブログを始めて、変わった自分の生活についてのまとめ。

小網代の森ボランティアウォーク参加で学ぶ自然と人間の関係

三浦半島の南端から小網代湾にかけての「小網代の森」ボランティアウォークに参加してみて思った事、感じた事。自然が学校、というのがよくわかる小網代の流域には、一度は行ってみるべし。

節分と、心に「鬼」を招き入れるということ

節分の本当の意味は、家の戸や窓をを開放して鬼を招き入れる余地を残しながら交流した後で出て行って頂き、改めて福の神を招き入れることに意味があるとも言われるとか。その意味を自分の生き方に置き換えて考えられることについて。

私に一度に起こったシンクロニシティとセレンディピティ。

最近私に起こった不思議な事。 ある資料を探していたのがきっかけで、古い住所録が出てきまして。 そこに書かれてあるのは、私が30年前、高校生の時に交換留学生としてアメリカにいた頃に知り合った、世界各国からの留学生仲間たちの名前と住所。 ヨーロッパ…

浪人中の息子へ。入試が始まる前に母さんが思う事と伝えたい事。

入試本番を控えた息子に伝えたい事、思う事。

夢を語る友人に、私はどう在りたいかという話。

2015年が幕を開け、すでに一週間近くが経とうとしています。 2014年を今改めて振り返り、去年一年間は自分にとって本当に大きな変化とチャレンジの一年だったと感じています。 時系列に思い起こせば去年の3月頃だったか、友人に湘南近辺のシェアハウスを紹介…

都内の兼業主婦が、湘南で単身デュアルライフを始めた理由

都内の兼業主婦が、夫と2人の子供(浪人中の息子18歳と高1の娘15歳)を家に残し、「湘南に暮らす」という長年の夢を、江ノ島のシェアハウスに住むことで実現するまでの経緯について