読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【壱岐グルメ番外編】壱岐牛のハンバーガー!モカジャバカフェ大久保本店

ここのつブログは「湘南での暮らしを紹介」をメインに、日々思う事や旅のお話などを織り交ぜて更新しておるのでございますが、その中でも最近は「壱岐」「糸島」方面の紹介記事が多くなって来た気がしますw
湘南ブログにおいて、なぜに離島の壱岐をそこまで頻繁に紹介するの?って感じですが、何故?って聞かれると、答えは恐らく
「だって、壱岐や糸島の空気感は、湘南に流れる空気感ととても似ているから」ということかと思うんですよね。
実際、糸島は鎌倉からの移住者も多いです。
東京・都心からいったん鎌倉に移り、改めてそこから糸島へ向かうのはもしかしたら自然なルートなのかもしれませんよね。
というわけで、前置き長くなりましたが、今回のご紹介もまた「壱岐」w

【壱岐グルメ、その代表格の一つは壱岐牛!】

壱岐は離島ですので、魚介がおいしいのはもちろんなんですが、実は「壱岐牛」が相当美味しい。
本当に美味しいです。
東京地方で壱岐牛が食べられる所は限られていると思いますが、是非もっと知られて欲しい。関東地方でもたくさん食べられたらいいなと切に願います。
 
ということで、ご紹介したいのが壱岐牛100%ハンバーガーで知られる「モカジャバカフェ 大久保本店」であります。
場所は、壱岐・勝本港。

勝本港は、今も毎日午前中に開かれる朝市があったり、訪れるにはオススメのエリアでもあるのですが、とっても趣あふれる街角。

f:id:coconots9:20170127144703j:plain

いやぁ、自転車のペースが似合う町並みです。
離島に来たら、ほんと、ゆったりのんびりするのが大事。
そして、ここが「モカジャバカフェ 大久保本店」
f:id:coconots9:20161103191927j:plain
建物だけで、大変に雰囲気ある。風情抜群。

f:id:coconots9:20170127145004j:plain

そもそもここは海産物問屋だったところをカフェにしたそうで、建物の歴史はなんと築130年とか!さぞや大きな問屋さんだったのでしょう。

f:id:coconots9:20170127145335j:plain

ピカピカに磨いて黒光りしている床が気持ちよいです。

奥の床の間には天照大神の掛け軸がありますが、さすがは日本最古の神社があると言われる壱岐ならでは。ただのお飾りではなく、神様として掛けて拝まれているのだと言う事が伝わります。

f:id:coconots9:20161103191939j:plain

で、頼んだのは壱岐牛100%利用のハンバーガーセット900円。

(ポテトとドリンク付きだと+100円)

壱岐牛、壱岐牛バーガーですが!

f:id:coconots9:20161103191957j:plain

柔らかいバンズの中に収まるみっちりとジューシーで甘い壱岐牛100%のハンバーガー。ソースは濃いめの照り焼き系。

で、美味しかった!

写真では見えないけれど甘い玉ねぎも挟んであってナイスコンビでした。

そして、たくさんまぶしてあるケシ粒もアクセントとなっていて良かった。

(この手の大きなハンバーガーを上手く食べられないワタシでして、断面図写真はありません。せめてパテ写真くらいあった方がよかったかもですね・・・スミマセン)

すんごくお腹いっぱいになりました。本当に満足。

 

ところで、店内には、いろいろ面白いものが置いてあるんですが、こんなのもとっても興味深かったな。

f:id:coconots9:20161103192011j:plain

まさに、問屋さん時代に使われていたと思われる伝票類。

筆書きで、昔の方達は達筆ですねぇ。。。。(って、ソコじゃない気も。。。w)

 

ちなみに、もう一点簡単にご紹介するのが、この勝本港・勝本浦にある下條くだもの店

壱岐の美味しい果物屋さんなんですが、その果物で作ったジャムがどれも必ず美味しいというので大変評判高いのであります。 

このご主人、以前は東京で働いていたもののご実家である果物屋を継ぎそのくだものでジャムを作り出したら『ジャム兄』と言われるようになったそうです。
そしてジャム兄がFacebookで『壱岐』グループをゆるーく始めてみたら、今やグループは約1800人もの規模に育ち、ジャム兄はその中でリーダー的存在の壱岐島PRマンなんだそうですよ。

このグループは島外の人でも入れるそうですが、

「何日から何日まで女一人旅で行きますが、どこに行けば楽しめるでしょうか?」

と投げかければ、グループ中の有志の方が

「何時から何時までは空いとるけん、俺が案内するたい」

「じゃあ、わしがこのあと案内する!」

などのやりとりが繰り広げられるそうです。

車移動が必須のこの島でそれってホントに有り難い事ですし、何より心がほんわかします♡

その中のほとんどの方が、ジャム兄のお店に寄って店前で写真を撮って島を後にするそうですが、離島リトリートに欠かせない島の人との交流がここで生まれているようです。

そのFacebookページでは動画も交えて勝浦の様子や朝市の様子を見ることが出来ますし、何よりとてもいい感じの空気感が伝わるので、是非合わせてご覧下さいね。

【下條くだもの店】

長崎県壱岐市勝本町勝本浦192 

0920-42-0231

7:00〜20:00

ジャム兄下條くだもの店 Facebookページ:

https://www.facebook.com/shimojo.kudamono/

壱岐 Facebookグループページ:

https://www.facebook.com/groups/iki.island/

【モカジャバ大久保本店】

長崎県壱岐市勝本町勝本浦359
0920-42-0500
営業時間:
月・火・水11:00~20:30(ラストオーダー20:00)
金・土・日11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
休日:木曜 

関連ランキング:カフェ | 壱岐市その他