読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ラカポシ。お花と食事から癒しと元気が貰えるカフェ

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

鎌倉・御成通りにあるカフェ、ラカポシ(Rakaposhi)。

ここは「フラワーカフェ」と言われるように、花屋さんとカフェが併設されている癒し空間。

御成通りは、人の流れも適度に落ち着いている上に、個性を上手に表現しているお店が多いので、ぶらぶら散歩をするのにはちょうど良い通りなんですよね。

そこに、お散歩で立ち寄るのにぴったりな「お花屋さん」と「カフェ」が併設されているなんて、まさに「鎌倉をお散歩途中に立ち寄り必須カフェ」なのではないでしょうか。

お店の軒先に並べられていたり店内にあるお花はすべて「商品」ですが、それを自分の部屋にいるような気分の場所でお花を横に感じながらお食事やお茶、スイーツが頂けるのは本当に贅沢というものです。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

今回はランチを頂きに行きました。

およそ8〜9種類のランチメニューが常時用意されているようです。

平日だとコーヒーか紅茶まで頂けて1,080円。なんて良心的。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

店内は、外からの光が柔らかく差し込んでちょうどよい明るさ。

インテリアの机と椅子がどれも良い味を出しているので、どの席に座ろうかなーと悩むのも楽しいです。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

この時は多少早めの時間に入ったのである程度好きな席を選べましたが、基本的にいつもほどよく満席な感じ。とは言っても、テーブル間の距離に適度なゆとりがあるので「混んでいる」印象は全然感じないのですが。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

真正面にお花を眺められる席に座りました。この眺め、素晴らしいですよね。

席から向こうのお花までの間にテーブルが置かれていないのが嬉しいです。

眺めを遮らないように配慮してくれているのかな。

さて、ランチ。悩みに悩んで、おススメでもあると言う「牛スジの濃厚ハヤシライス」を注文しました。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

牛すじがトロトロに煮込まれているし、ところどころにセロリの柔らかい歯ごたえと香味が感じられてとても美味しかった。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

BGMはゆったりめのジャズ。

お花と音楽と時間をかけて煮込まれたカレー。

こういうものを一緒に味わえる時間、本当に大事にしたいですね。

また、このお店のインテリアなんですが「棚使い」がとても上手な印象があります。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

いろんな所に「棚」が渡してあるのですが、それぞれに小物が上手にあしらわれているのが良いリズム感だな、と。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

そして、個人的な感想ですが、このお店の一番の特等席はコチラの席かと。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

窓際で明るくて、自由に手に取れる本が横にあって、外の往来も店内のお花も同時に眺められるのって、素敵じゃないですか?

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

この二人席も、いい感じですよね。椅子は教会の椅子のアンティークなのかな?

ちなみに、こちらの左手には厨房があって、小さなカウンター席もあるんです。

調理中のマスターの「良し!」と言う気合いのある言葉が時折聞こえてくるんですが(笑)、全体的になごみ女子系空気感が流れている店内にささやかに体育会系男子な気合いを感じる瞬間でもありますw

(話は反れますが「ラカポシ山」とは、パキスタン・カラコルム山脈の主峰の名前だそうなんですが、もしかしたらここら辺に体育会系マスターの関係が何かあるのかもと勝手に推測してしまいました。)

さて。食後にはコーヒーをお願いしました。小さな生チョコがついて来ました。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

角砂糖は、わすれな草に、レンゲソウ。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

とても良いお店です。一人で行っても、女子2人で行っても、カップルで行ってもそれぞれの時間が楽しめます。

そして、帰りに小さな花束をお土産にするのも良いですよね。優しい感じの花束を作ってくれそうです。

鎌倉ラカポシ(Rakaposhi)

 【フラワーカフェ・ラカポシ(Rakaposhi)】

鎌倉市御成町2-12

0467-55-8922

ランチ 11:00~14:30

カフェ 14:30~19:00

火曜定休

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅