読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【壱岐で夢実現】逗子〜東京の二拠点生活がケミストリーを起こす

「人生は可能性に満ちている」を座右の銘とするここのつが、東逗子の土地にご縁を頂き勇気を出して家を建てたのが1年半前。

そして、その家を、家族や友人だけで利用するに留まらず、もっと開いてたくさんの人とこの場を共有したら、もっと人生が面白く可能性も開かれるのではないかと考えたのが1年前。

勇気を出して#910(ここのつ島・ここのつとぉ)としてシェアを始めてからの実感。

 

それは、

人生って

ほんとーーーに、ほんとーーーーーーーーに

思っても見ないワクワクの方向へ

展開していくものなんだ!

 

ということ。

 

特にそれは、

自分が自分の心に忠実に、

やりたい事ややりたい方向へ進んでいて、

それが人の喜びにも繋がる時、

それは驚く程加速する!

 

ようです!!

 

というのも。。。。

#910は、可能性に満ちた人生の喜びを共に分かち合う場として、ここを定住の場所として暮らすスタイルと、1ヶ月12泊を上限としてスペースをシェアするスタイル(リトリートステイ)の2つを作っています。

リトリートステイは、#910を拠点の一つとして、本拠地を他にも持つ方が活用しています。自分が江ノ島と東京の二拠点をした時の経験と想いを形にしました。

ここに暮らす理由は人それぞれ。

でも何故か同じ様なベースやマインドをお持ちの方が集まってきています。

これぞ「引寄せの法則」というものか。

 

そしてそんなメンバーが集まって約1年が経つ中で「910には何かのケミストリーがある」と、そんな確信が生まれてきました。

 

そして今回。

このゴールデンウィーク

910の住人女子3人が、私も以前お世話になった壱岐の「みなとやゲストハウス」でヘルパースタッフをすることになりました。(というか、すでに始まっているんだけど)

 

 

みなとやさんは、以前私が壱岐を訪問した時にもお世話になった、とても素敵なゲストハウス。

f:id:coconots9:20170430171942j:plain

coconots9.hateblo.jp

 

自分達の好きで得意な「ご飯を作る」をミッションにし、旅人でありつつ「みなとや」さんで暮らすことで土地に溶け込んだ時間を過ごす。

そんな彼女達にとっては夢の様な「夢」が実現したのであります。

まさに、トトロの名ゼリフ「夢だけど、夢じゃなかった!」ですな!!

910のリトリートステイで好きなところ(逗子)に暮らしながら、徐々に自分の夢が明確になっていった女子3人。

ここは私がアレコレ言う前に、その中の女子がFacebookで投稿した文を以下に引用します。

 

ずっとずっと、やってみたかったこと。

メンバーは逗子シェアハウスの大好きな仲間LinさんとKちゃん。

誰とやるかってすごく大切!

料理を愛する三姉妹は
暮らすような旅をしながら
ゆったりのんびりとめぐります。

ユニット名はその名も「しまらくだ」🏝🐫

しまは三姉妹の出逢ったここのつ島、壱岐島、繋げてくれた方のお名前から、
らくだはLinさんの未来の宿・らくだホテル
を掛け合わせて。

 

 ユニット名は「しまらくだ」!!

シェアハウス仲間のりんさんと、ここのつ島の朝ごはん会を企画したのです。

これがまた、とーーっても楽しかった

真名瀬漁港で新鮮な野菜や海鮮を
生産者さんの顔を見ながら仕入れる。

その大切な食財たちを使いながら
美味しいごはんをつくる。

そしてここのつ島の家族たちと
派手ではないが滋養と幸せに満ちた食卓を囲む。

そんなシンプルなことがただ楽しかった!

そしてそれはみんなも一緒だった。

ごはんを共につくったり、
食事や暮らし、夢の話をする。

その流れで、3人で壱岐へ行かない?
ということになったのはごくごく自然なことなのかもしれない。

3人でどっぷりと暮らすような旅ができるなら
壱岐へいきますよー‼️

という訳で今に至るわけです。

長くなりましたが、

『流れに身を任せることで
行き着く所へ導かれてゆく。

そしてどんな時にも結果は最善である。』

そんな事を感じたのでしたー

 

ということで〜。

タイトルの『【壱岐で夢実現】逗子〜東京の二拠点生活がケミストリーを起こす』を読んで、ワタクシここのつが、東京〜逗子の二拠点じゃモノ足りずに今度は壱岐行きかよ!(ダジャレじゃないw)って思われた方も多いかもしれません。

が。

はい。

さすがに今回は、私のことではありませんw

910の娘たち「しまらくだ」ユニットの3人の話でありました。

 

しかし、話って決まると早いんですね。

あれよあれよと言う間に話は展開していったみたいです。

そこでワタクシの「冒頭の叫び」が出たのですよ。

ちなみに「しまらくだ」は、

東逗子のシェアハウス910(ここのつ島)で出会った食いしん坊3人が、「暮らすように旅する」をテーマに、ご縁のある場所で、土地の人から学びながら、土地の食材を使って、暮らしの真ん中にある「ごはん」を作るユニット

活動第一弾として壱岐は始まり。これからいろんな土地へ出向いていくようですが、

漁志さんが釣った壱岐のヒラス(ブリの仲間)を使ったマスタードフィッシュと、同じく壱岐の玉ねぎ、人参、トマト、そしてみなとやさんが育てているパクチーを使い、コリアンダーチキンを振舞わせていただきました❤️

大好評で50杯が早くもなくなりそう。

三種類目のカレーも仕込み中です!

こうして土地のエネルギーがある食材をつかい、おとなもこどもも食で交わる。

しまらくだの幸せの源やね(*´ω`*)

始まりはみなとやさんの1周年記念パーティ。

ちょっと出来過ぎ感が満載ですがw海女さんであり女将の香菜さんと大将の漁志さんの鏡開きでパーティは始まったそうです。

しまらくだ

↓ みなとやさんで#910の住民が大集合している。。。。

う。泣けてくる。。。

嬉しい。。

しまらくだ

スパイス使いを使命とする次女によるカレーも好評のようで。

しまらくだ

みんなの表情!!

f:id:coconots9:20170430170505j:plain

ほんっとにイキイキしています!

壱岐だけに。。ええっちゅうねんw)

 

夢を実現して1周年をむかえた「みなとや」さん。

そして夢に向かって一歩を踏み出した「しまらくだユニット」の3人。

 

本当に自分のやりたい事にど真中に向き合えた時、何かわからない力が後押しになって夢は実現していくんですね。

 

本当に、本当に、心からの応援を送っています。

 

がんばれよぉぉぉぉぉぉぉ!!!

(かーさんは、本当に、本当に嬉しい。。感涙。。。)

 

 

910での暮らし方

vision9uest.com