読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たい焼き なみへい。本当に美味しい鎌倉のたい焼き。

たい焼きの由来とは明治末期、誰でも尾頭付きの鯛が食べられるようにと考えられたそうで。

そんなお目出たい「たい焼き」のご紹介で、2015年最初のここのつブログを始めたいと思います!

そうです。一日一あんこを自称する私ですが、あんこ禁断症状を鎮められるすばらしいお店を新たに発見しました。

由比ケ浜通り沿いの長谷と由比ケ浜駅の真ん中あたりの「たい焼き なみへい」。

たい焼きにも「天然もの」「養殖もの」があるそうで。

鎌倉 たい焼き なみへい

「養殖物」とは、すなわち「砂糖と油脂を使って簡単に作り上げるもの」を指し、「天然もの」とは、「小麦とほんの少量の重曹のみを使用し、職人が鉄の鋳型で一匹ずつ焼き上げるもの」を指すそうです。

鎌倉 たい焼き なみへい

こちらのお店は、全国でも20〜30軒ほどしか現存しない希少な製法で作られる「天然もの」

鎌倉 たい焼き なみへい

南部鉄器の鋳型で一つ一つ丁寧に焼く、一丁焼き。

一丁焼きなんだからすぐには食べられないのに、もう、とにかくひっきりなしにお客様がやってきます。

小学生の子どもたち、おじさん、おじいちゃん、女子高生、そして小さいお子様を連れた母親といった近所の人から観光客まで。

 

鎌倉 たい焼き なみへい

店頭で頂くことも、店内で頂く事も、もちろんお持ち帰りもできますが、そりゃやっぱりすぐ食べた方が皮がもちもちしてて美味しいと注文してる女性は言っておられます。

鎌倉 たい焼き なみへい

なので、私も当然のことですが、店内で頂く事にしました。

そう、たい焼きとは、誰でも縁起物の鯛が買えると言うのがルーツ。

とてもめでたい。

鎌倉 たい焼き なみへい

丁寧に時間をかけて焼いたたい焼き。ピッタリサイズの鎌倉彫のお皿に盛られてあるのは、妙に嬉しいですね。

鎌倉 たい焼き なみへい

どんなあんこの味なのか、ちょっとドキドキするけれど、この色味。

かなりイケそうな予感。案の定、がっしりした強めの甘味で、私の好み。

上品に甘みを抑えていたりするのはNGなんだなー。

ここのお店のあんこは、薄めでカリッとモッチリした皮ともマッチして、非常に美味しい。

鎌倉 たい焼き なみへい

そして、古いものを今に大事に活かした店内作り。

鎌倉 たい焼き なみへい

店頭で売っているベーグルパンたちが店内のガラスケースの中で控えていたり。

 

あとですね。

たい焼きを頬張りながらたい焼きが焼けていく様子を見ている小学生くらいの子どもたちと店主さんの会話が小気味よくて楽しかった。

小学生「ね、年、いくつ??」

店主さん「30歳だよ」

小学生「へー、30歳なんだ、じゃあうちのママより若いんだね。うちのママは33歳。」

店主さん「えー。そんなことないだろー。ママ、28歳くらいなんじゃないのー?」

小学生「あれー。33って言ってたよー」

店主さんの相方「ママの年齢って言うのは、いろいろあるからなー。」

「あんた、ママの歳について余計な事言うんじゃないよっとかって話、よくあるよねー」と。笑。

普通にあるある話ですなw

鎌倉 たい焼き なみへい

そして、店内奥にはちゃぶ台席があるのですが、畳の上でのんびりするの、かなり良い。

駄菓子屋さんでのおばあちゃんとの会話とか、近所のお兄さんやお姉さんとの何気ない会話とか、昔は、あちこちにあったもんだったなあ。

鎌倉 たい焼き なみへい

鎌倉 たい焼き なみへい

そして、たい焼きだけでなく、ピロシキやベーグル、ベーグルドックなど。

鎌倉 たい焼き なみへい

是非、奥のちゃぶ台席で食べたい。

鎌倉 たい焼き なみへい

そして、最後になりましたが、実は重大情報!

お店のスタッフのお兄さんと話をしていたら、お店の事をブログに書くんだったら、是非この情報も掲載して下さいとのこと。

なんと!

鎌倉 たい焼き なみへい

「店長 絶賛 恋人募集中!

(このチラシは、アルバイトに来ている女子高生が作ってくれたそうです。)

はい、案内にある通り、店長、かなり素敵な方です。

かなりイケメンです。

私が独身だったら、まっさきに自分が立候補していました。

お心のある方は、是非、今すぐお店に行ってみて下さいませ。

素敵な彼氏に毎日おいしいたい焼き。これ以上の幸せってあるんでしょうかね。

(すみません、かなり私見が混じりました)

鎌倉 たい焼き なみへい

 

たい焼き なみへい

鎌倉市長谷1-8-10

0467-24-7900

月曜定休(祝日は翌日振り替え)

10:00−18:00


たい焼き なみへい オフィシャルサイト

ちなみに、鎌倉を紹介するコアなガイドブックにも掲載されていましたよ。

鎌倉 たい焼き なみへい