読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年2月28日閉店】クリスマスの朝に大事な人と行きたい。葉山PRIME BRUNCH。

おいしいお店 アメリカン・ハンバーガー 朝ごはん 葉山

本当に素晴らしいお店でしたが、2016年2月28日にて閉店となりました。

以下、PRIME BRANCH Facebookページからのコメントを引用させて頂きます。

新しいチャレンジに向かわれたとの事、心からのエールを送らせて頂きます!

素敵なお店でした!

Good Luck!!!

PRIME BRUNCH 活動休止のお知らせ

急なお知らせになりますが
PRIME BRUNCHは2月28日を持ちまして
活動休止いたします。

このたび、生活、活動の拠点を
海外に移すことになりました。

秋谷の小さな町で
ひとつひとつ手作りで始めた小さなお店が
ここまで沢山の方々に愛され
支持されるとは正直思ってもいませんでした。

お店を通じて沢山の方々と出会えたことは
一番の宝です。

この宝物を心に持って長い長い旅に出ることにしました。

たくさん、たくさん悩みましたが
人生は一度きり。

せっかくなので海を渡って飛び出してみます。

せっかくなのでいろんなところへ行って
見て、食べて、暮らしてみようと思います。

せっかくなので人生ごと楽しんでみようと思います。

先の活動についてはまだ何も決まってませんが

地球のどっかでまたPRIME BRUNCHのような
小さなあたたかなお店ができたらいいなと思っています。

急な告知になりましたこと、
大変申し訳なく思っています。
最後までマイペース、わがままな店でしたね。。
そんな店が秋谷にあったな、と思い出してもらえれば...
話でもしてもらえたら...

海の向こう側で私もくしゃみしてるはずです。

またいつかどこかで会いましょう。

感謝と愛を込めて。

PRIME BRUNCH
なかむらはるみ

Announcement:
PRIME BRUNCH is closing its doors

I know this is sudden, but PRIME BRUNCH will be closing its doors as of February 28th.

In the very near future, we will be moving our life and activities overseas.

I never expected this much love and support from so many people for this small shop that started by making individual homemade items here in the small town of Akiya.

The biggest treasure of all has been meeting all the people through this shop, and I have decided to start on a long, long journey holding this treasure in my heart.

I spent so much time agonizing over this,
but we only live once.

This is our chance to fly away across the sea.
This is our chance to go to different places, eat different food and live a different life.
This is our chance to enjoy our life.

I haven’t decided yet what to do after this, but it would be nice if somewhere on this earth, a small shop like PRIME BRUNCH came into existence.

I apologize for the suddenness of this announcement.
This shop has been moving at its own pace and been wayward to the very end...

When you remember this shop existed in Akiya…when you talk about it…. my ears will be burning on the other side of the ocean.

Let’s be sure to meet again someday somewhere.

With love and respect,

PRIME BRUNCH
Harumi Nakamura

 

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

葉山から秋谷にかけて、立石の信号すぐそばにあるPRIME BRUNCH(プライムブランチ)は、50s〜60sのアメリカンな空気がそこかしこに溢れるアンティークなパンケーキ屋さん。

 白い壁に大きくイラストされた男の子。口を大きく開けて、ホットケーキ(今はパンケーキと言うのか。)を食べようとしている。思わず入りたくなる。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

134号線を走っていると、この黄色で書かれたお店のロゴと大きな木のドアが、すごく目を引くんですよね。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

パンケーキ、フレンチトースト、マフィンにビスケットという、まさにアメリカンベイキング。そして、実際に扉を開けてお店に入ると、今度は、なんというか、懐かしいおもちゃ箱を開けたような気持ちに。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

 

BGMには良い雰囲気のブルーズやジャズが流れ、まるで古いアメリカ映画に迷い込んだ気になる。店内にはゆったり座れるソファ席もありますが、今回私が選んだのはカウンター。オープンキッチンの様子も見えるし、お店のかたともお話が出来るので、カウンターには好んで座ります。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

お隣には、水色のカーディガンとサーモンピンクのストールがよく似合うちょっとお年上の白人女性がいらっしゃいました。

明るい青のウォレットをテーブルの上に置いて英字のペーパーバックを読みながら、ベリーソースとバニラアイスがたっぷり乗ったフレンチトーストを食べていらっしゃる。

色彩的な美的感覚も含めて、そのトータルな姿がお店のBGM、雰囲気、インテリアと絵になりマッチしすぎていて、ふと、自分が今どこにいるのかわからなくなった。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

店内の至る所に染み込んでいるアンティークな調度品、音楽。

まるで映画で観た50年代のアメリカです。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

オーダーしたのは、パンケーキセット。

卵の焼き方を問われます。

片面焼き(サニーサイドアップ)、両面焼き、スクランブルのいずれか。 

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

カリカリに焼いたベーコンはパンケーキの甘さと絶妙にマッチすると心から思う。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

そして、パンケーキの上に乗っている白いバター。

この、凍らせてあるホイップバターは、ちょっぴりの塩気がアクセント。

そして、そのふんわりヒンヤリが、焼きたてパンケーキの上で加減よく溶けてとても美味しい。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

「今日は思い切り食べていい!」と思わせる、自分にご褒美の一食。

パンケーキは若干薄めに焼き上げていて、それでいてモチモチしていて食べ応えあり。シロップかけ放題。調子に乗ってかけすぎると危険。

他、テイクアウト可能なマフィンやビスケットがあるんですが、これまた本当に美味しそうです。今回は必死の思いで買わずに我慢。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

あぁ、このトッピングのクランブルとか。。本当に美味しいだろうなぁ。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

このビスケットもホイップクリームと一緒に食べたら至福です、絶対に。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

アンティークのおもちゃとかも販売されているようですが、とにかくこの小さな店内から発せられるいろいろなもので自分の五感が刺激されて満足感いっぱい。

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

秋谷のパンケーキPRIME BRUNCH

本当に楽しい。

この幸せなモードはまさに「アメリカで過ごすクリスマスの朝」と言う感じ。

でもこんな風に思うのは、たまたま私のお隣に外国からと思われる素敵な女性が座っていたからかな。でも、外国のお客様もとても多いとお店の方がおっしゃってました。

ところで、先のブルーのカーディガンの白人女性。

帰りのお会計の時、とてもお奇麗な日本語を話されていた。笑。

超ペラペラ。

驚いたなー。

それにしても、やっぱり、このお店には、クリスマスの寒い朝に来て、パンケーキを食べたい。

アメリカでは一年の中で家族が揃う幸せな日、クリスマスの朝に、こんなお店に来られたら、すごくすごく幸せ難じゃないかなって思った。