読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七里ケ浜アマルフィイデラセーラ。絶景パノラマイタリアンの王様 

湘南・七里ケ浜の海をパノラマで見渡すことができる高台にしつらえられた王様のようなイタリアン、その名もアマルフィイ デラ セーラ(AMALFI della sera)

アマルフィと言えば、イタリア・ナポリの南にある世界で最も美しい海岸線と言われるアマルフィ海岸。

まさに、その雰囲気をここ湘南の七里ケ浜で再現してくれました。

 

江の電の七里ケ浜駅を降りたら目の前の道を右に進み、江の電の線路を越えて、(ここ、注意して渡る事。踏切とか、ありません。)細い階段を登って登った高台の上にあります。

この階段、結構登ります。

登り始めの階段はコンクリの味気ないものですが、すぐに味わいのあるものになります。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

 

一緒に行った友人は自称「階段フェチ」とのことでしたが(そんなフェチはあるのでしょうか??w)曲がりくねりながらも、なお続くこの階段を誉めちぎってました。笑。

風情はもちろんですが、角度とか階段の幅とかが良かったんでしょうか。笑。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

ここを登りきると、エントランス

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

建物の中には入らず、ウエイティングリストに記名して、しばし待つ。amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

ウエイティングエリアからの絶景もまた良し。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

今回行ったのは晩秋の平日金曜、着いたのは11時10分。快晴。

とにかく並んで待たされる印象が強かったので、快晴のこんな日には出遅れたかと思いドキドキしながら記名して待つ。

・・・と、案外すぐに席に通された。超ラッキー。

テラス席に通されるとお席の説明。

海が目の前だけど日差しの強いテラス際か、海は遠いけど日差しの柔らかい内側のどちらが希望か聞かれます。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

もちろん海側希望。

座った席から見えた景色はこんな感じ。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

日差しが強すぎたり暑すぎない限り、遮るものが何もなく江ノ島を見ることが出来るこ右側のコーナーがベストポジションでしょうね。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

こちらではお茶・デザートのみの来店はNGなので必ずお食事をしますが、ランチコースはSORRENTO(ソレント)とAMALFI(アマルフィ)の2種。

内容は、サラダとパン、前菜、パスタもしくはピッツア、デザートにお飲物。

ソレントとアマルフィの違いは、前菜の有無。(だと思う)

もちろん、単品でのオーダーも可能。

 

今回は、前菜ありのアマルフィを選びました。

だって、快晴の晩秋、抜けるような高い空に遠くには富士山が望める素晴らしい良日、平日ランチですもの!

まずは、サラダとパンから。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

そして、前菜のお野菜とパテ。

ソースは栗(左側)とバルサミコを煮詰めたもの(右側)。

それにしてもこの写真。お皿のお料理が光を存分に反射している感じが、まさに日差しの強さを語ってますね。このお席、真夏にはちょっとツライかもしれません。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

メイン。今回はピッツアとパスタを両方頼んで2人でシェア。

ピッツアはいろいろチーズに季節の野菜、ジェノベーゼソース。

生地はかなり薄めクリスピー。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

パスタはトマトソース系。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

そしてデザートは、フルーツの盛り合わせとイチゴのババロアに百花蜜のハチミツ添え。

果物の甘さがそれぞれ個性を出していて、逆にハチミツの甘さが柔らかだったのが印象的でした。

amalfi DELLASERA アマルフィデラセーラ

 

アマルフィイデラセーラ

鎌倉市七里ケ浜1-5-10

0467-32-2001

平日 11:00-22:00

土日祝 10:30-22:00

予約不可

amalfi DELLASERA|株式会社ビィバリュー アマルフィイ